子宮がん検診

子宮がん検診とは

子宮がん検診とは、子宮頸がん・子宮体がんを早期に発見し治療を行うための検診です。一般的には「子宮頸がん検診」のことを指します。
子宮頸がんは子宮体がんと比べて不正出血などの初期症状が現れづらいため、検診で早期に発見をすることが大切です。30代後半から40代で発症することが最も多く、近年では20代の若年者の子宮頸がんも増えています。そのため、20代からは定期的な検診を受けることをおすすめします。

20歳以上になると、地方自治体から2年に1度「子宮がん検診受診券」が届きますので、ぜひ活用してください。※受診券についての詳細は住まいの役所にお問い合わせください。

※当院の子宮がん検査は女性医師が担当しています

当院の検診の特徴

01検査・診断は婦人科専門医が実施します

当院は婦人科を備え、週に1度婦人科医が常駐しています。子宮がん検診の検査は全て女性の専門医が担当いたしますので、ご安心ください。

02検診の際には超音波検査(エコー検査)も実施します

子宮に関わる病気はがんだけではありません。当院では子宮がん検診でお越しの際に、がん以外の病気(子宮筋腫や卵巣のう腫等)がないかを確認するため超音波検査も行っています。検査時間は10分ほどとなります。

03乳がん検診との同時受診が可能です

子宮がん検診と乳がん検診を同日に行うことが可能です。現在、婦人科は火曜日の午後のみとなっておりますので、同日受診を希望される方はその時間帯に予約をお取りください。
乳がん検診については「乳がん検診」のページをご覧ください

ご予約方法

予約はお電話で受け付けています。
詳しくは「予約・お問い合わせ」ページをご覧ください。

費用について

自費検診

問診と内診、細胞診の検査を行います。
基本的には自費診療となりますが、診察の結果、異常が見つかった場合は保険診療の対象になる場合もあります。
また、自覚症状(不正出血や強い痛みなど)のある方は保険診療の対象となります。

料金
内容 自費診療
子宮頸がん検診 ¥6,910
子宮体がん検診 ¥10,280

※料金は診察内容や処方内容により変動することがございます。

自治体のがん受診券をお持ちの方

20歳以上になると、地方自治体から2年に1度「子宮がん検診受診券」が届きます。当院では「浦添市」のがん受診券をご利用できます。
※受診券についての詳細は住まいの役所にお問い合わせください。

料金
内容 自己負担額
子宮頸がん検診 ¥1,000
子宮体がん検診 ¥1,000

<HPV検査を追加で希望される場合>

がん受診券をお持ちの方で、追加でHPV検査を希望される場合はHPV検査分のみ自費診療となります。(異常が見つかった際は保険診療となります)追加希望の方は予約の際または当日スタッフまでお申し出ください。

がん受診券や検診無料クーポン券について詳しくは、日本医師会のホームページも参考にしてください。

健康保険組合や共済組合の婦人科検診

お勤めの企業によっては、費用の一部を組合が負担した上で婦人科検診(乳がん検診・子宮がん検診)を受けられることがあります。費用等についての詳細はお勤めの企業にご確認ください。

料金
内容 自己負担額
乳がん検診(エコー検査)・子宮頸がん検診 ¥1,500~5,000

※自己負担金額は、お勤めの企業によって異なります。
※同日受診をご希望の方は、当院の婦人科診療日となる火曜日の午後にご予約ください。
※通常、乳がん検診ではエコー検査、子宮がん検診では細胞診検査を行います。

<HPV検査やマンモグラフィを追加で希望される場合>

追加でHPV検査やマンモグラフィを希望される場合はその検査分のみ自費診療となります。(異常が見つかった際は保険診療となります)追加希望の方は予約の際または当日スタッフまでお申し出ください。

検診の流れ

01.来院・受付
02.問診票の記入
03.診察・検査・説明 ※検査も医師が担当します
04.乳がん検診のある方は、続けて乳がん検診を受診
05.会計
06.結果は後日ご自宅に送付されます

当院に初めてご来院いただく方は、下記ページも参考にしてください。

検査方法

細胞診検査

ブラシやヘラなどで子宮頸部をこすって細胞を採取し、がん細胞がないかを顕微鏡で調べます。
検査はほとんど痛みは無く、短時間で終わります。
この検査では、がん細胞だけでなく、将来がんに進行する可能性のある「異形成」といわれる初期病変も発見できます。

HPV検査

子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の有無を調べます。
細胞診検査と同じく子宮頸部から採取した検体でHPVのDNAを調べます。
HPVに感染している場合でも、必ずしも子宮頸がんになるわけではありませんが、HPV検査を受けることで、子宮頸がんの前がん病変を早期に発見し、発症のリスク評価に役立ちます。

経膣超音波検査(エコー検査)

経膣ブロープという専用の超音波機器を使い、子宮や卵巣など形態を検査します。
経膣超音波検査が難しい方には腹部からの超音波検査を行うことも可能ですが、経膣超音波検査の方がより詳しくみることができます。

検診後について

「要精密検査」となった方

当院では、子宮がん検診の精密検査には対応しておりません。

検診後のご相談について

検診後のご相談については、連携医療機関である「美代子クリニック」にお越しください。
当院の婦人科医が院長を務めております。

https://www.miyokoclinic.com/

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんはワクチン接種で予防できる数少ない癌の1つです。子宮頸がんワクチンを打つことで、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防することができます。ワクチンは2回~3回に分けて接種する必要があり、小学校6年生から高校1年生相当の方は、国からの補助金により無料で接種することができます。

当院でも対応しておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

※無料対象者ではない方も、自費で接種することが可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

<キャッチアップ接種について>

しばらく厚生労働省から積極的な接種勧奨は差し控えられていましたが、令和3年11月26日に再開されました。これに伴い差し控えられていた期間に定期接種の対象であった方(1997年4月2日から2007年4月1日生まれの方)を対象に、キャッチアップ接種の対象者として令和7年3月まで無料でワクチン接種が受けられます。
詳しくは厚生労働省のホームページや、お住まいの市町村にてご確認ください。

よくある質問